めまいの原因を知って対処できるようにしよう

サイトマップ

トップバナー

めまいの原因を取り除く

めまいの原因の理由や対策法をどのくらいご存知でしょうか。めまいにはさまざまな原因があり、私たちの身体に 悪影響をもたらします。まず、体の姿勢を保つ機能に何かしらの原因があるとめまいが起きます。

症状がひどいと安静にしていても、ひどいめまいを感じてしまいます。めまいの原因としては、 耳の異常、脳の異常やその他にも複数あります。

耳鳴り
吐き気や耳鳴りの原因

耳は音を聞く機能の他に体のバランスを保つ機能もあり、さまざまな器官が複雑にある 場所なので、そのバランスが少しでも崩れるとめまいの原因になります。 ひどくなると、吐き気や耳鳴りにもつながります。

脳
運動障害や頭痛

信号を脳に伝える器官が炎症を起こした際にもめまいが起きます。 脳の病気によっては、正能や脳幹の障害が考えられ、脳の病気のケースではめまいだけでなく 運動障害や頭痛もが起こるので、そういった原因のめまいは専門家に診察してもらう必要があります。

その2原因不明

めまい女性

病気には、現在の医学でも解明できていないもの多くありあすが、めまいもそ の1つです。一般的なめまいの原因としては、耳、 脳、循環器の異常です。病院で検査をし、その部位に病気があればめまいの原因とされます。

ストレスや疲れなどと原因

先にご紹介した体の部位の異常がないめまいの原因は未解明です。 めまいには自律神経が影響していることはわかっていますが、具体的な関連性がまだわかっていないのです。 病院などでめまいで診察すると、ストレスや疲れなどの原因を告げられることが多くなっています。

疲れやストレスがめまいの原因になっていることは否定できません。 では、本当にストレスが原因でめまいが起こるのでしょうか。めまいや頭痛などはストレスによっ て体が発信する危険信号というのがもっとも正しいとらえ方です。

普段から心がけて健康的な生活をするように心がける

ポイント めまいの原因を探したり、めまい自体をなくそうとするのではなく、普段から健康的な生活をするように 心がけることがめまいを解消するのに大切です。遺伝的 なものだと考える人もいますが、健康的生活が 崩れてそれが原因になっている人のほうが多いのです。現代の社会で完全に規則正しい生活をするのは 不可能に近いですが、できるだけ健康的な生活を心がけましょう。気になるようなら専門医を受診しましょう。 めまいの専門医は少ないので、大病院に行く必要がありますが、 それで不安が取り除けるならよいですよね。めまいは気分が悪くなる一番の理由です。めまいの原因が メニエール病のことも増えていますので、早期対処が重要です。

その3めまいの特徴

横になる

これまでの説明した通り、めまいの原因は多くあります。体のバラ ンスを保つための機能が耳の中にあり、その機能に異常があるとめまいを起こしてしまいます。 このめまいは回転性めまいと呼ばれます。

1週間から10日程かける

脳に異常が起きた場合、それが原因でめまいが起こります。体のバラン スを保つためには三半規管などからの信号を脳に伝えますが、小脳や脳幹のバランスなど が崩れるとめまいを引き起こすのです。

めまいの原因に血圧異常、不安、ストレスなどがあります。体の異常が原因のめまいの他にも 外的要因が原因となることがありますが、それらの原因の特徴は明確なものとなっています。

病院にいってもすぐに原因を解明することができる訳ではない

ポイント 平衡感覚をつかさどる耳に関連した部分が原因となってめまいが起こることも多いです。 耳には血管があり、リンパ線があるので、それらの異常によりめまいが起きますが、病院にいってもすぐに原因を解明す ることは難しくなっています。ですので、このような場合には一つの病院だけではなく、いくつ かの病院で精密検査を受けることが勧められています。こういったセカンドオピニオンは有名ですよね。 ただセカンドオピニオンは保険外で自費になります。高額で数万円になること もあるので、事前確認をしましょう。 普段保険がかかった状態で支払いをするのに慣れていると、驚くほど高額になります。病院が値段を決められるのですが 30分で15000~30000円またはそれ以上とかなりの幅があり、都市部の病院では30分で40,000円ということもあります。

その4ストレス

メディカル

ストレスがめまいの原因になるというのは先の通りです。ストレスとは、外部からの刺激によって心と体が 反応する病です。 適度なストレスは心身を鍛えることができても、過度のストレスは病気やめまいの原因なのです。

めまいの原因がストレスだとはっきりしていれば、ストレスと上手に付き合う方 法を探しましょう。日常生活の中で、全くストレスを感じることのない生活はありません。なるべくストレスを感じ ないようにすることで、ストレスを溜めないようにすることが大切です。 めまいだけでなく、ストレスは他にも様々な病気の要因です。まずは、ストレスを発散させる方法を しっかりと自分で確立させることが大事なのです。

寝る前のストレッチ

適度な運動はストレスの解消になりますが、無理せず長続きする運動をした方がよいです。 ウォーキングを週2回程度でよいのです。また、寝る前 のストレッチをすれば、気持ちよく寝ることができ、めまいを解消するためにも効 果的です。

自分の趣味を持つことが大切

ポイント 気分転換で自分の趣味を持つことも大切です。音楽を聞いたり、カラオケでストレスを 発散することでめまいの原因を断ち切れます。また、疲れているのなら、 入浴で血行を促進するとこれもめまい対策に効果的です。 他にも人それぞれ趣味を生かして、ストレスをできるだけ多く発散するようにしましょう。 何も趣味がない、という人はこれをきっかけに何かみつけてみましょう。始めは興味がなくても 行動する中で興味がわくものがみつかります。興味がわくものがでれば、楽しんでできるので、 継続もしやすくなります。

その5恐ろしいめまい

頭が痛い

同様の症状でも、軽い病気が原因で重大な病気につながることもあります。 めまいも、軽いものから重たいものまで人それぞれです。自分と似たような症状の人のめまいの 原因が軽い病気でも侮ってはいけません。

抗リン脂質抗体症候群

抗リン脂質抗体症候群という病気がめまいの原因になることもあります。こ の病気になると回転性のめまいが多くなり、これが原因でめまいと同時にふくらはぎの腫れや 、ろれつが回らないなどの症状を発症することも多く、脳梗塞や心筋梗塞になることもあるので 注意が必要です。

ポイント 抗リンパ脂質抗体症候群は、妊娠が原因で起きることもあり、めまいと同時に起きるのでとてもつら いものです。不幸なことですが胎盤の血管に血栓が発生 するので、胎児への栄養補給が断たれ最悪のケースで、流産してしまうこともあります。

全身に血栓が出来ることが原因

この病気は全身に血栓が原因で、めまいだけでなく多くの症状 があらわれます。適切な処置で、めまいや他の症状を緩和し流産も避けられます。 薬でコントロールすることが必要とされています。 めまいと同時に他の症状が現れたら、それは単なるめまいではない 可能性が高いので、すぐに受診しましょう。めまいが重病の前兆であることはよくあります。簡単に考えて 後から後悔しないようにしましょう。メニエールなど近年になって知られるようになった病気が原因の こともあるので、放置は厳禁です。 症状が軽いうちであれば、初期治療で完全によくなることも多いです。遅れれば遅れるほど治療も回復もむつかしくなります。 初期を超えて血栓が大きくなるとステロイドで取り除くなどかなりリスクが高くなります。ステロイドでの治療は 命をかけての治療で、リスクが高くなります。

その6原因を知る

耳鳴り

原因を知るためにはその症状を詳しく観察しなければなりません。 症状が似ていても、全く違った病気が原因でめまいが起こっている可能性もあります。 異常を感じたら、すぐに病院に行くことをお勧めします。

めまいで悩んでいる人は原因をあまり考えず、しばらくした らおさまると思いこみ、大きな病気に気付かずに進行しているケースが多くあります。 めまいを感じているなら、原因を突き止めましょう。

回転性めまいと浮動性めまい

先の通り、めまいには回転性めまいと浮動性めまいの2種類があります。回転性めまい は自分の体や周囲がぐるぐるとまわっているように感じる目が回った症状です。もちろん実際に回っている訳ではないですが、横に なっていてもめまいが続くことがあります。横になっていてもめまいが 続くので吐き気など重い症状が続くのもこのめまいの特徴です。めまいでも重い種類とされています。

ふわふわした感覚

ポイント 浮動性めまいはふわふわした感覚になるめまいです。足が地についていない感覚のめまいです。このめまいは脳や全身の病気が 原因のことが多く、めまいと同時に吐き気や頭痛などが起きやすいです。立ちくらみ も浮動性めまいの一種として考えられます。ですので、立ちくらみもあまりひどいなら、このめまいの可能性があるので受診しましょう 。ここまでにご紹介いたしましためまいの原因がめまいで悩んでいる方にご参考にし て頂ければ幸いです。