めまいの種類は複数

サイトマップ

トップバナー

めまいについて

めまいに悩んでいる人は多い

病気でもめまいに苦しむ人は増えています。それはなぜなのか 考えてみましょう。まずめまいとは、どういった症状なのかです。 頭がぼーっとする状態のことでしょうか?身のまわりのものが視界で回りだすような状態でしょうか?

症状を詳しく説明する

回りの物が回りだすような感覚でも頭がぼーっとする感覚でもめまいです。め まいには、回転性と動揺性の二種類あります。回転性めまいとは目が回った状態を指し、 三半規管や耳石器などの平衡感覚をつかさどる耳内が原因のケースが多いです。

それに対し、動揺性めまいとは平衡感覚を処理する脳幹という部分の障害が考えられます。病 院でも医者にめまいがしますかと聞かれ たときにこういった症状を詳しく説明するようにしましょう。ただ、めまいはなかなか口では説明しにくい ですよね。 実際私自身の経験でも、どのような時に起きるのか、どの程度のめまいなのか、というのを正確に 説明するのは非常に難しく、医者にも わかりにくいものです。

原因

ポイント

本当に重大な障害から起こっているのか、それとも何となく感じているのかを判断することができませんよね。極端にひどいめまいで立っていられないようであれば、誰にでも判断することが出来ますが、大抵の場合は何となくそう感じているだけで日常生活に支障がない程度の方が多いのです。

二種類のめまいを区別する
気付き

二種類のめまいを区別することによって、異常がどこにあるのかを 判断することが可能になります。脳に異常がありめまいの原因となることも多くあるのです 。脳腫瘍や脳梗塞などによって脳の中でめまいの症状が出るのです。どちらにしても、めま いを自覚したのであれば病院で検査してもらった方がよいでしょう。単なるめまいならよいですが、 悪性になると他の病気と関連している可能性もあるのです。単体の病気でなく合併する場合、どちらかを 見落としてしまうと見落とされた方が悪化してしまいます。

めまいの原因にはどんなものがあるか知ろう!